« ピッチャー&グラス | Main | 届く。 »

September 27, 2004

読む。

『野ざらし忍法帖 山田風太郎忍法帖短編全集2』
(筑摩書房・山田風太郎)を読む。

hon.JPG

短編のほとんどでやな奴がひどい目に遭うので
読後感は悪くないです。
個人的には、惹句にも書いてある
「忍者野晒銀四郎」の話がいい意味でやだった。
ラストが臭ってきそうで。思わず「うっぷ」ってなっちゃったよ~。

前に、タイトルは忘れてしまったが、
エクソシストの方に話を聞いてまとめた本があった。
その本の中で、本物のエクソシストの方に、
映画『エクソシスト』の感想を話してもらっているのがあって
本物のエクソシストの方が
「だいたい、あっていると思いますね。
しかし、首が回っちゃうやつはやりすぎです。
首が回るのは奇跡です。奇跡は神にしか起せませんから」
というようなことを言っていたことを思い出した。

風太郎さんの忍法は奇跡ではない。
奇跡ではなく、修業の結果生み出された代物なんだよね。
その違いが明らかなのは、読者に奇跡だと思わせない、
精巧な筆致と世界観なんだと思います。
忍法が奇跡になってしまったら、忍法帖シリーズはできてなかったしね。
その逆で、他の風太郎作品では「奇跡」を取り扱ったものも多いです。
それはちゃんと奇跡として機能している。
混同しそうでしないところが本当に凄いところです。
これぞ、神の御業!?

|

« ピッチャー&グラス | Main | 届く。 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38358/1530063

Listed below are links to weblogs that reference 読む。:

« ピッチャー&グラス | Main | 届く。 »