« October 2004 | Main | December 2004 »

November 27, 2004

お散歩

 昨日は昼過ぎから、本所吾妻橋から柳橋、両国へ。
 
 寒くもなく暑くもないお散歩日和。

 先ずは、ちょうど開いていた食器屋さんへ。
 不定期営業なので、日にちが合わないとなかなか行けないところ。
 店内はとっても和める雰囲気。
 食器と共にディスプレイしてある
 テーブルや椅子はアンティーク(多分)の品でそれにも目を奪われる。
 今、ダイニングテーブルを探しているので、
 ディスプレイのテーブルも気になってしまってテーブルクロスをめくって
 中を覗きこんでしまう~(あやしい)。
 お店の方々失礼しました。
 しかも、お茶にお菓子もご馳走になってしまった。
 お茶うけの黒豆、美味しかった~。
 一緒に行ったMKがさいごの黒豆を食べようとしていたときに、
 『「このお茶うけの黒豆を全部平らげたのはお客さま方がはじめてです~」
 ってお店の人に嫌味言われたらどうする?』
 と言ったら「ビクッ」として食べるのを止めた。
 そして、わたしが最後の一粒にありつく。ひひひ。
 もちろん、お店の方はそんなこと言わなかった。

 下の写真は戦利品。

SEQT9401.JPG

 ご飯茶碗と箸置き。
 
 そして、一緒に写っているのが柳橋のタモトにある佃煮屋さんの
 牡蠣の佃煮。
 季節限定。
 ほんのり苦くて、磯の香りがして、とっても美味しい。
 ご飯のおとも。

 柳橋から見た隅田川の風景。

SEQT7201.JPG

 夕暮れ。

| | TrackBack (0)

November 24, 2004

おやしらず

 先週から親知らずが痛い。
 前に親知らずが痛くなったときは、歯医者さんに
 「絶対抜かないで下さい!」といって抜かずに直してもらった。
 今回痛くなったのは、それとは別のところ。

 インフルエンザの予防接種をしてから痛くなったのだけど
 それって関係あるのかな~。

 今回の痛くなった親知らずは、よく見ると変な風に出てきてる。
 これって、放置したらますます痛くなるかな~。
 歯が痛くなったら頭も痛くなってきて
 なんだかとっても憂鬱。

 歯医者に貼ってあったポスターで
 「寝ている間に治療できます」
 っていうのがあったけど、それって全身麻酔のことだよね~。
 本当に寝ている間に治療できるのかな~。

 非常に興味を惹かれます。

 しかし、恐ろしい治療になるとすぐ全身麻酔に頼るわたしって一体。

 でも、本当に寝ている間に歯の治療しました!なんて人
 いるのかな~?

 胃カメラではそれはメジャーらしいけど、
 歯医者ではどうなんだろうか。

 とりあえず、もうちょっと我慢するけどさ
 (って我慢するのか、おい!)。

| | TrackBack (0)

November 23, 2004

気になるキャラクター

 ここ数年の間、
 わたしの中で流行っているキャラクター(?)が
 あるのですが、いまいち誰に話しても分かってもらえない
 ものがある。

 それが、
 『亀田製菓・柿の種』のパッケージの裏面に印刷してある
 「けなげ組」!

 日のあたらない場所で、けなげに存在している物を
 集めて結成されたものらしいが、ほとんど自虐ネタです。

 例えば

 けなげ組みの一員、
 会員№5番「やせたら使ってもらえるベルトの穴」
 その会員さんのコメントは、

 私の2つとなりの穴のヤツは毎日使って
 もらえるのに.
 私はいつもご主人のダイエット待ち....

 ベルトが古くなって捨てられる前に
 1度でいいっ!!使ってほしい.....

 てな具合です。
 こんなやつらが、会員№100までいるらしい。

 けなげ~!

 ちなみに、会員№1が柿の種だったら笑うなと
 思っていたら、柿の種だった!
 でも、卒業したらしい!
 

| | TrackBack (0)

November 21, 2004

お買いもの

 今日はOZONへ行く。
 今度引っ越す予定なので、ダイニングテーブルを探しに。

 現在、我が家はちゃぶ台生活中。
 ちゃぶ台生活も悪くはないのですが、
 今度の家はキッチンが対面式なので、
 ちゃぶ台だとちょっと高低差がありすぎるし
 見た目がかなり変。

 で、ほとんどボーダーネ・アンダーセン社のテーブルにすることに
 決まっていたのですが、今日見に行ったら廃版になっていた~。
 ショック!
 残っていたのが最後の一点。
 でも、欲しかったものと微妙に足の形が違う。
 非常に悩む。
 
 椅子がYチェアなので、同じメーカーのテーブルも考えている。
 エクステンションで大きさがかえられるんだけど
 これってどうなんだろ、使いやすいのかな~。
 ずーっとぶら下げたままでいたら、ある日、落ちたりしちゃうのかな。
 悩むー。
 
 でも、引越しは来年なので、ゆっくり悩めるのがいいところかな。

| | TrackBack (0)

November 20, 2004

いまさらながら

 『ゼルダの伝説~風のタクト』の2周目回ってます。
 さすがに、前回のストーリーを忘れていて、攻略サイトのお世話になってます。
 まだまだ攻略サイト閉鎖されてなくてよかった~。 

 2周目からは、平和な世界で船に乗って遊ぶもんだとばっかり思っていて
 個人的には写真家になってフィギュアマスターになろうと計画していたのに
 また、戦いの日々だった。

 しかし、毎日がんばって戦ってます。
 でも、ゲームは一日二時間までって決めてます。
 
 わたしはやはり「ゼルダ派」です。
 こんど、ドラクエが出るから、わたしの周りはみんなドラクエ一色。
 ゼルダのほうの、自分の操作がうまくなればリンク(主人公)も
 強くなるという図式が好き。
 だって、ドラクエって無駄な殺リク多くないですか?
 個人的には、これが時間の無駄なんだよな~と思ってしまうのだけど
 好きな人にはこれも楽しいんだろうな。

 ところで、フィギュア屋で「テトラ」のフィギュア作ってもらったんだけど
 出来てないんだよね~。
 これってバグなのかな。
 で、テトラの写真を又見せると「そのフィギュアもうできてるわよ~」
 って言われちゃうんだよ~。
 もう、わたしは「テトラ」のフィギュアを見ることは出来ないんだろうか~。
 もう一回、やるしかないのか~。

| | TrackBack (0)

November 15, 2004

冬のメニュー

 「アフタヌーンティー」で『Buche de Noel 森のエクレア』のセットを食べた。
 クリスマス限定メニューらしいです。
 
 見た目はエクレアと言うよりも、細長いスティック状のパンみたいな感じ。
 でも、食べるとまさにエクレア!
 一つは、クッキーが飾り付けられていて、もう一つはプレーンな感じ。
 シューの中にはぎっしりカスタードとキャラメルカスタードが入っていて
 とっても美味!
 クッキーと一緒に食べると、クッキーのさくさくとエクレアのトロトロが
 不思議なハーモニーです。

 ちょうど本屋で魯山人の「数の子は音で味わう。沢庵もしかり」
 と言うようなことが書いてある本を立ち読みしたばかりだったので
 「クッキーも音で味わうところあるよね~」などと
 ちょっと食通(?)を気取ったことを考えて悦に入る。

 
 

| | TrackBack (0)

November 12, 2004

見る。

 『大日本コソ泥伝』(1964・春原政久)を見る。
 
 何度見てもおもしろいなあ。

 日本中の泥棒が石川二十六右衛門の襲名を賭けて、
 豊臣秀吉の末裔徳兵衛氏の持つ千成ダイヤを盗み出そうとする
 コメディ。
 個人的に好きなのが、
 おらがのズロ吉(由利徹)・んだの金六(佐山俊二)チーム(?)。
 ふたりは徳兵衛氏の孫を誘拐してその身代金として
 千成ダイヤを奪おうとたくらみます。
 しかし、ふたりの構想とは裏腹に…。
 オー・ヘンリーの「赤い酋長の身の代金」を彷彿とさせます。
 ほとんどベタのオンパレードですが、
 それでもきっちり笑わせてくれるのがふたりの凄いところ。

 『由利徹が行く』(白水社・高平哲郎)の中で由利さんが、
 「やっぱテンポあってねえ。春原さんて面白い人でね、
 関東関西の喜劇人が入り混じって撮ったんだから。
 全員、持ちネタばっかりだから、ギャグは全部役者なんだよ。
 撮影やってても、あの人の場合、
 どれがテストでどれが本番なのかわかんないんだよ。(略)」
 とおっしゃられている。

 こんな奇跡のようなことが本当にあったんだから
 凄いです。

| | TrackBack (0)

November 02, 2004

聞こえるよ。

 近所の小学校からは、音楽の授業の歌声やら演奏やらが聞こえます。
 小学生が一斉に歌ったり演奏したりするとそれなりの音なので
 「ああ、今はその曲やってるのね」
 なんて、自分の小学校の頃を思ったりするのだけれど
 今回、聞こえてきた曲は衝撃的だった。
 小学生の演奏で

 「キッスは目にして」(BY・ヴィーナスだったっけ?)

 演奏だけで歌は聞こえてこなかったけど
 小学生が演奏する曲なのだろうかしら。
 なんか結構、いかがわしい歌詞でしたよね。

 「キッスは目にして」は「エリーゼのために」(BY・ベートーベン)を
 アレンジして作った曲らしいけど、
 だったら、素直に「エリーゼのために」にすればいいのに。

 先生の年齢が窺われますな。

| | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »