« 設置しました。 | Main | 読む。 »

September 09, 2005

読む。

mominokihanokotta

『樅ノ木は残った (上)』

 を読みました。

 まだ「上巻」のみなので、先が非常に気になるところです。
 「伊達騒動」を題材にとった作品です。

 「伊達騒動」については「高尾の吊るし斬り」や「置毒」などの
 有名な逸話がありますね。
 全体的に血生臭い、凄惨なお家騒動です。
 『列藩騒動録 (上)』 (海音寺潮五郎/講談社文庫)
 『お家騒動』(稲垣史生/文春文庫)
 などで、表の歴史として紹介されています。

 これらの本から、ラストはわかっているのですが、
 このラストでどのように物語が進んでゆくのか想像がつきません。
 山本周五郎さんが史実を曲げるとも考えられませんしね。

 本書の読みどころは数え切れません。
 まず、原田甲斐の人物造形におどろきます。
 「序の章」の乾いた殺戮シーン、
 対照的に、行間から立ち上がる、蔵王の峰、阿武隈川の風景の美しさが
 印象的です。
 「下巻」が楽しみです。

|

« 設置しました。 | Main | 読む。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38358/5855509

Listed below are links to weblogs that reference 読む。:

« 設置しました。 | Main | 読む。 »