« そろそろ終わりです。 | Main | とりにゆく。 »

October 03, 2005

見る。

 天気がいいのに何もする気力が起きないので、

 fubaki

 『椿三十郎』(監督 黒沢明/東宝)を見る。

 言わずと知れた『用心棒』の続編として作られた作品です。
 山本周五郎さんの『日日平安』を下敷きにつくられています。
 『日日平安』の方はもっとのんびりした雰囲気です。
 映画の入江たか子のシーンをもっと引き伸ばしたような感じ。
 あまり説明になっていませんが……。

 『椿三十郎』は何も考えずに楽しめる快作です。
 単純な構成に立ちまくっているキャラクターが凄いです。
 三船敏郎の魅力が堪能できます。

 三船を見ると必ずセットで思い出してしまうのが、
 うしおそうじさん。
 うしおそうじさんの特集番組でインタビューされていたとき、
 自分のことを聞かれているのにもかかわらず、
 何故かうしおさんが三船について語りまくったのが感動的でした。
 詳しい内容は忘れてしまったのですが、
 うしおさんが徴兵されたとき、同じ宿舎(?)に三船がいて、
 物凄く格好良かったとか、
 新人が古参の兵に闇夜で姿が見えず挨拶が出来なかったとき、
 新人がひどい目(酷く殴られたりするらしいです)にあいそうになったのを
 三船が庇い、自分の階級章を引きちぎって、古参に向かって
 「人間と人間で話しようじゃねえか」(痺れる!)
 と言ったということなどを熱く語っていたことを思い出します。

 うしおさんも三船敏郎さんも死んでしまったんだなぁ。

|

« そろそろ終わりです。 | Main | とりにゆく。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38358/6238519

Listed below are links to weblogs that reference 見る。:

« そろそろ終わりです。 | Main | とりにゆく。 »