« おやつ。 | Main | おやつ。 »

October 19, 2005

読む。

 資料として、参考にするために読みました。

 『いのちの半ばに』(Ambrose Bierce/岩波文庫)

 芥川龍之介によって日本に紹介された
 短編の名手の作品です。
 ビアスは辛口の皮肉と、冷酷な観察眼から
 「ニガヨモギと酸をインクの代わりに用いる」と評されました。
 タイトルは、祈祷書の言葉から出ているそうです。
 滑稽で哀しい人間の死を描いています。

 「アウル・クリーク橋の一事件」が個人的に好みです。
 人間の心の動きを、残酷なまでに描写してみせる文章は
 瞠目せずにはおれません。
 うまいけど読後感はよろしくありません。
 所詮、人間ってこういうもんなんだよな、
 といった諦めが滲んでしまいます。

|

« おやつ。 | Main | おやつ。 »

Comments

The comments to this entry are closed.