« おやつ。 | Main | おやつ。 »

October 25, 2005

読む。

 kiiroihon

 『黄色い本―ジャック・チボーという名の友人』
 (高野文子/アフタヌーンKCデラックス)

小説の主人公に自分を重ね、図書館で借りた本を読みふける少女。名作「チボー家の人々」を題材に採った表題作のほか、3編を収録。(Amazon.co.jp/出版社からの内容紹介より引用)

 ことあるごとに手に取る一冊です。
 誰にでも平等にある一日を、
 スリリングに切り取り、静穏に描かれています。
 表題作のような経験は誰にでもあるのではないでしょうか。 
 当事者にしか分からない幸福な瞬間を尊重することによって
 大人数が特別な感覚を共有できる、
 大人数に首肯かせてしまう、不思議な魔力があります。  

|

« おやつ。 | Main | おやつ。 »

Comments

The comments to this entry are closed.