« October 2005 | Main | December 2005 »

November 29, 2005

おやつ。

 今日のおやつもマカロン(笑)。
 「ジェラール・ミュロ」のものです。

 macalon5

 生地がさくさくでとっても美味しいです。
 最近はよく日本橋から東京へお散歩しています。
 道幅が広いし、ちょっと足を伸ばせば皇居の緑も楽しめるので
 気に入っています。
 昔は道幅を大きくとることに反対の声が多かったようですが、
 車社会の今となっては、このぐらいの幅でよかったなと思います。

| | Comments (0)

November 27, 2005

おやつ。

 今日のおやつは、
 「アンリ・シャルパンティエ」のマカロンです。

 macalon4

 パッケージがとってもおしゃれ。
 色が凄く綺麗です。
 クリームがチョコレートをベースに(たぶん)つくられていて
 とても印象的です。
 店頭に並んでいたケーキも
 芸術品と思わせるような洗練された出来ばえで
 みているだけで幸せになれます。

| | Comments (0)

November 26, 2005

行って来ました。

 東京ディズニーランドに行って来ました。
 お天気にも恵まれて、とても楽しかったです。

tdl1tdl

 ディズニーランドもクリスマスの雰囲気でいっぱいで
 綺麗だったです。
 ホーンテッドマンションのクリスマスエディションが
 見所たっぷりで満足しました。
 他にも、ショーがクリスマスバージョンになっていて楽しい。
 ちょっと混んでしまう次期ですが、
 この時期しか味わえない感じを味わうのも
 いいなと思いました。

| | Comments (0)

November 24, 2005

読む。

 
 hiroshi_hirata
 『それがし乞食にあらず』(平田弘史/青林工芸舎)

平田弘史Chronologies第一弾! 六十年代後半~七十年代後半に発表されたオリジナル短編をコンパイル、原稿所在不明のため無念の単行本未収録となっていた作品も初出誌より執念のリマスター。各巻それぞれに怒濤のボーナス収録。再び燃え上がる時代劇画界の巨人に刮目せよ!(amazon/出版社からのコメントより)

 を読む。
 凄い! 凄いとしかいいようがありません。
 振りと落ちの振り幅が並じゃないです。
 読んで感じろ(なぜか命令形)! というところでしょうか。
 個人的には、江戸時代の下級武士の生活が
 リアルに描かれていたのが興味深かったです。

| | Comments (0)

November 22, 2005

ランチ。

 今日は天気が良かったので
 欲しい本を物色がてら
 丸善までお散歩に行ってきました。

 MCカフェでランチ。
 このお店では、丸善の創業者『早矢仕有的』が考案した
 ハヤシライスが有名です。
 ハヤシライスの語源はさまざまあるそうですが、
 「早矢仕ライス」もその一つとされているそうです。
 わたしは「早矢仕オムライス」を食べました。

 hayasi

 デミグラスソースが濃厚で、
 とろとろの卵と相性抜群。
 とても美味しかったです。

| | Comments (0)

November 19, 2005

一息つくとき。

 家ではお茶の消費量が多いです。
 最近よく飲んでいるのは、
 『ルピシア』で購入した「茉莉千日香」という名前で、
 お茶の新芽で千日紅を包むようにボール状に束ねた、
 福建省名産のジャスミン茶です。

 お湯を注ぐ前はこんな感じです。

 ocha

 お湯を注いでしばらく置くと、
 下の写真のように綺麗な花が咲き、
 中央に深紅の華が現われます。

 ocha1

 香り、味、見た目
 さまざまな角度から楽しめる一杯です。

 『ルピシア』はインターネットで購入しても
 毎回決め細やかなサービスが行き届いていて、
 おきいに入りのお茶屋さんの一つです。

lupicia

| | Comments (0)

November 18, 2005

おやつ。

 マカロンのおやつ第三弾(笑)。
 今日は「マダム・ミクニ」です。

 macalon2

 ピスタチオのマカロンの香りが芳醇です。
 ピスタチオのマカロンって
 あまり味の違いがわからなかったのですが、
 マダム・ミクニのマカロンは
 ちゃんとピスタチオの香りがします。
 他のマカロンもとってもいい香りでジューシーです。

 マダム・ミクニのマカロンは傑作!

 また来週も買いに行きたいなぁ。

| | Comments (0)

November 17, 2005

おやつ。

 今日のおやつも昨日の戦利品(笑)のマカロン。

 macalon1

 「サダハル・アオキ」のものです。
 「ヴィタメール」のマカロンよりも軽い口当たりです。
 クリームがすっととろける感じがいいです。
 梅味のマカロンが面白い味です。
 クリームに梅の果肉が入っていて、
 アクセントになっています。

 マカロンって、本当に店によって全然違いますね。
 ますますマカロンの魅力にハマりそうです。
 でも、自分で作るのは難しそうですね。

| | Comments (0)

November 16, 2005

おやつ。

 今回のおやつは、
 「ヴィタメール・ジャポン」のマカロンです。
 先日、丸の内近辺にマカロン巡礼(大袈裟)の旅へ行ってきたときの
 戦利品です。
 
 makaron1-1

 ヴィタメールはベルギー王室御用達のお店。
 しかし、マカロンはちょっと変わっていて
 「ごま」「ゆず」など、他店ではあまりお目にかかれないような
 種類のものが食べられます。
 写真のマカロンは「ゆず」「ごま」「抹茶」です。
 「ゆず」がちょっと面白い味で美味しいです。

 巡礼の終わりに、一度行ってみたいと思っていた
 「サダハル・アオキ」へ。
 パリ在住の日本人シェフパテシエとして有名な方で、
 元TBSアナウンサー、雨宮塔子さんのご主人らしいです。
 カフェも併設しているので、
 店内でケーキを食べることも出来ます。

 sadaharu

 「サダハル・アオキ」といえば「抹茶」らしい
 ということで、今回食べたのは
 「バンブー」という名前の抹茶とチョコレートのケーキです。
 美味しかったです。

| | Comments (0)

November 13, 2005

おやつ。

aisu

北海道産あずき使用の栗粒入りあづき餡を栗味のまろやかアイスで包みこんだ和風アイスバーです。(ファミリーマート・今週の新商品より)

 最近、近所のファミリーマートに入荷しました。
 『栗あいすまんじゅう』。
 栗のツブツブ感がとっても贅沢です。
 おいしくて毎晩食べてしまいます。
 危険!
 秋になったらあいすまんじゅうの取り扱いがはじまったのですが、
 あいすまんじゅうは寒い方が売れるのかな。

| | Comments (0)

November 12, 2005

みる。

master_keaton
『MASTERキートン File1』
 を見ています。

 全ての回ではずれ無しの快作だと思います。
 しかし、漫画で手に入れようと思っても、
 現在、絶版になっており、古本屋でしか手に入りません。
 残念です。買っておけばよかった。
 そういえば、何か揉めていたような……。
 早くの復刊を切に希望します。
 
 キートンとは、
 本名を平賀・キートン・太一といいます。
 彼は、日本人の父と英国人の母を持ち、考古学者にして保険調査員、
 そして元SASの教官という変わったキャリアを持つ男です。
 一見冴えないこの男が、難事件を機知と洞察で解決してゆきます。 
 保険調査員という職業の面白さと、キートンの魅力あるキャラクター、
 そして、ミステリアスなストーリーを堪能できる稀有な一本です。

| | Comments (0)

November 09, 2005

お散歩。

 天気が良かったので、清澄庭園に行ってきました。
 明治期の代表的な泉水、築山、枯山水を主体にした
 「回遊式林泉庭園」だそうです。
 英国式の庭園も素敵ですが、
 こういった和の風情のある庭園もいいですね。
 個人的には、庭園の各所に配置してある
 「奇岩」が気になりました。
 やはり、適当に並べられているのではなく、
 何か、デザイン的な意味があるのでしょうね。
 「奇岩」ハンターなる人がいるのでしょうか?
 一体、誰が何処から見つけ出してくるのか、
 謎の部分です。
   
kiyosumikiyosumi2

 帰りに「深川めし」を食べて、大満足でした。

| | Comments (0)

November 07, 2005

みる。

 ganba© 斎藤惇夫/岩波書店・TMS

 『ガンバの冒険』をみています。
 子供の頃に見て夢中になった方も多いと思います。
 子供にはかなり重いテーマの回もあったりして、
 大人になっても十分見ごたえのある作品です。
 ノロイの恐ろしさっていったら!

 最近はHP作成の為に、四苦八苦しています。
 ホームページビルダーとかを使わずに、
 HTMLから組み立てているので、
 Macでもきちんと表示できるのか不安です。
 集中しすぎて、首が痛いです。

| | Comments (0)

November 02, 2005

読む。

 『空の大怪獣ラドン』の原作、『大怪獣バラン』の原案
 として有名な、黒沼健の『謎と怪奇の物語』を読む。

 不思議なリンクに驚いたのが、
 本書に収録されている「雲散霧消した話」に
 先日読んだ、
 『いのちの半ばに』の著者、
 アンブロウズ・ビアスが出てきたこと。
 超有名人にもかかわらずビアスの死は謎に包まれていて、
 何処で、いつ死んだかすら知られていません。
 「雲散霧消した話」では、そのようなビアスの最後を
 ミステリアスに描かれています。
 面白いです。

 baran

| | Comments (0)

November 01, 2005

重宝しています。

brabantia1

キッチンのゴミ箱は『brabantia ペダルビン』
を使っています。
マンションですが、夏場も嫌なにおいが部屋にこもらずとても快適なので、
気に入っています。

ゴミ袋として使っている、『brabantia ビンライナー 』
が無くなりそうなので注文。

いつもネットで購入しているのですが、
何処で売ってるのでしょうか?
ちょっと近所のお店で見かけたことがなくて、そこが不便なところです。
スーパーのビニール袋で代用してもいいのでしょうが、
貰わないときもあるので、
そうそうビニール袋がストックされているわけではないのです。
それに、これは専用袋というだけあって、使い勝手も抜群です。
これは、近所のスーパーで売っていたら嬉しいものの一つです。

| | Comments (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »