« January 2006 | Main | March 2006 »

February 23, 2006

おやつ。

 今日のおやつはKIHACHIのいちごのパイです。
 
 ichigo

 イチゴジャムの甘すぎない味と
 中にサンドされているクリームチーズが
 いい感じです。
 パイもサクサクで食感が楽しい。
 他に、新作のパイがあったので
 今度はそちらにも挑戦してみたいな。

| | Comments (0)

February 22, 2006

おやつ。

 今日のおやつは、
 「ジェラール・ミュロ」の新作マカロンです。

 macalon0222

 ヌガー、キャラメル、マンダリン、パッションバジル、マロン
 の5つです。
 マンダリンとパッションバジルが好きな味でした。
 パッションバジルはスパイシーで
 今まで食べたことのない味。
 幸せ。

| | Comments (0)

February 20, 2006

読む。

 keisityou
 
 警視庁草紙〈上〉〈下〉(山田風太郎/河出文庫)

内容(「BOOK」データベースより) 後に明治のフーシェとたとえられる密偵使いの名手川路大警視とその影に控える内務卿大久保利通。対するは影の御隠居こと、駒井相模守を初めとする元南町奉行の面々。黒田清隆、山県有朋、高橋お伝、皇女和の宮等、多彩なる人物が織りなす事件の裏で彼らの狐と狸の化かし合いにも似た知恵比べは続く。富国強兵を急ぐ明治の側面を描く連作物語の完結。

 暗記する勢いで再読しています。
 この才能は、凄いなぁ。羨ましいなぁ。
 江戸時代というと、現代と地続きであるはずなのに
 今では異世界のように感じられます。
 しかし、この作品では、まさしく江戸時代、明治時代が
 夢ではなかった、現代と地続きだったのだと感じられるのです。
 丁髷頭の人とザンギリ頭の人、かれらが同じ列車に乗り、
 銀座の煉瓦街を闊歩する。
 とても自然で、眼に浮かぶようです。
 戊辰戦争で敗れ、行き場をなくした人々がうろつき、あがき、
 勝ったはずの人々ですら、やがて理想に破れてゆく。
 複数の伏線は最後に大きな本流に流れ込み、うねり、のみこむ。
 最高です。

| | Comments (0)

February 15, 2006

聴いています。

 最近、家にいるとき聴いているのはこの二枚です。

 door
 『DOOR』銀杏BOYZ

 gingnangboyz
 『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』銀杏BOYZ

 人間賛歌であり、社会秩序という桎梏へのアンチテーゼ。
 人間性とは何ぞや?
 飄然と歌う彼らは凄いです。

| | Comments (0)

February 12, 2006

おやつ。

 今日のおやつは『仙太郎』の「黒豆大福」です。
 
 mame
 
 塩がほどよくきいていて、いくつでも食べられそう。
 中はこしあんです。
 さらっとした口溶けとお餅のやわらかさが優しい感じです。
 お餅に入っている黒豆の食感がまた最高。

 このお店は最中やぼた餅がまた美味しくって
 ついついあれこれ買ってしまいます。

| | Comments (0)

February 07, 2006

おやつ。

 今日のおやつは「いちごのフレジェ」です。

 cake0207JPG

 カスタードの風味が軽い感じでいくつでも食べられそう。
 いちごも甘くて最高です。
 この写真のお皿「パラティッシ」の白黒は、
 前々から噂にはなっていましたが、
 ついに、製造中止になってしまいましたね。
 残念です。
 このお皿、「夏の自然と冬景色のすがすがしさ」を
 イメージしているそうです。
 ほかに「実になる」という縁起を担いでそろえる方も
 いらっしゃるとか。
 家でも、もちろん縁起を担いでいます(笑)。

| | Comments (0)

February 06, 2006

はまってます。

 最近話題沸騰中の『石垣島ラー油』にはまっています。
 入荷してもすぐに売り切れになってしまうのだとか……。

 rayu

 島唐辛子、春秋ウコン、島コショウ、石垣の塩、黒糖、
 ニンニク、白ゴマ、黒豆、山椒、食物油(オリーブオイルとサラダ油)
 が入っているそうです。
 辛いけど、 こくのある辛さなので後味がとてもいいです。
 わたしはごま油を使うような感覚で使っています。
 いつもと味をちょっと変えたいときに重宝します。
 美味しいです。

| | Comments (0)

February 05, 2006

お誕生日。

 迎えて嬉しい年も過ぎてしまいましたが
 お誕生日でした。

 プレゼントは『ニンテンドーDS』と悩んだ結果、
 『Apple iPod nano 2GB 』にしました。
 携帯電話と比べて、音楽を入れられる量が全然違います。
 しかも、アルバムごととか、アーティストごとに編集できます。
 その上、とっても軽いし小さい!
 nanonano1
nano2

 バックに入れていても全然邪魔にならずに、
 とっても使いやすいです。
 ただ、付属のケースが使いにくいので
 別売のケースを買った方が便利かもしれません。

| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »