« September 2011 | Main | November 2011 »

October 31, 2011

PICA山中湖ヴィレッジ。

 山梨県にあるPICA山中湖ヴィレッジへ行ってきました。
 二度目です。

 ここはコテージに犬連れで泊まれる宿泊施設です。
 コテージなので自分で好きなように寝起きできるし
もんちゃんの泣き声なども多少大丈夫かな?
と、おもいます。
 夜は真っ暗で星が奇麗でした。
 サービスも最小限に留められじぶんたちの
ペースで行動できるので素晴らしいです。 
 昼間は山中湖を散策と思いきや
二年前に来たときにはあった砂地がなくなっていました!
 何故。
 仕方なく山中湖とモンちゃんを抱っこで撮影。

1110262jpg

 モンちゃんは藪のなかに草のみをつけて前足で
イヤイヤと採ろうとしていました。
 なので急いで採りました。

帰りは人気のうどんを食べて帰りました。
麺がモチモチでおいしかったです。
ただ、道が全くわからず、結局地元の人にきいて
たどり着きました。

Mon1110263jpg 

| | Comments (0)

October 16, 2011

セント・メリーのリボン。

4334740316セント・メリーのリボン (光文社文庫)
稲見 一良
光文社 2006-03-14

by G-Tools

珠玉の作品群。
なかでも『セント・メリーのリボン』が群をぬいて面白い。

あとがき

 これは一昨年五月、山本周五郎賞を受賞した以後の作品集である。
’’男の贈りもの’’を共通する主題とした。
 誇り高き男の、含羞をこめた有形、無形の贈りもの──というテーマでは、
今後とも書きたいと思っている。

 一九九三年六月、稲見一良

 この後書きにもしびれます。
男の優しさと世間に媚びない行き方に羨望の眼差しを送りたいです。
とっても、カッコよかったです。

| | Comments (0)

October 13, 2011

猟犬探偵。

4334741258猟犬探偵 (光文社文庫)
稲見 一良
光文社 2006-09-07

by G-Tools

最近は遂にハードボイルドに手をつけようと思ってます。
とりあえず天才稲見一良先生から。
先ずは稲見一良さんの料理の描写が美味しそうすぎて悶絶。

俺は熱い紅茶、焦げ目をつけて焼いたトースト、目玉焼き、ハーフグレープフルーツという十年一日の如き朝食をたっぷり食って腹だけは満ち足りていた。

これに影響を受けて最近のうちの朝食はこれを真似ています
(形から入るタイプ)。
うちはハーフグレープフルーツにかえてポテトサラダですが(笑)。

稲見さんの作品はハードボイルドとファンタジーが入り交じった傑作。
もう何人もこの作品を超える小説がかけないでしょう。
病気のため作品数も少ない。
今月中に全作品を読みたいと思います。
贅沢すぎる……。

|

October 12, 2011

MASTERキートン 完全版

4091841635MASTERキートン 3 完全版 (ビッグコミックススペシャル)
浦沢 直樹 勝鹿 北星 長崎 尚志
小学館 2011-09-30

by G-Tools
ロイズの調査員(オプ)にして考古学者。 伝説の学術派ミステリー復活!!

買おうかどうしようか迷っているうちに
諸事情で店頭から姿を消してしまった『MASTERキートン』が再販。
やったー!
今度こそ買い集めます。
楽しみだ。

| | Comments (0)

October 11, 2011

くっつき虫。

寒くなってくるとうちにはくっつき虫が発生。

Mon111011
「あったかいでしゅ」

パソコンをしている私の膝のうえで
寝そべっているモンちゃん。
よっぽどおくつろぎのようで。。。

そのうちうとうとしはじめ……

Mon1110112
「ZZZ……」

お休みになりました。

わたしも膝のうえがあたたかいので
膝のうえで寝てくれるのは大賛成。
ただ、トイレにゆきずらくなる弊害も。

| | Comments (0)

October 03, 2011

探偵はBARにいる。

観にいってきました。
ちょっと矛盾が多かったような……。
個人的には佳作。
でも、第二弾も製作決定だそうで
期待しています。

|

« September 2011 | Main | November 2011 »