November 30, 2012

猫は忘れない。

4150310874猫は忘れない (ハヤカワ文庫JA)
東 直己
早川書房 2012-11-09

by G-Tools

大泉洋さん主演の『探偵はBARにいる』の続編。
映画の原作は『BARにかかってきた電話』なのでなんともややこしいのですが……。
お酒や料理の描写がなんとも大人です。
自分が子供のころなりたいと思っていた大人像がえがかれていて
こんな大人になれなかったなとさびしく考えてしまいます。
映画では大泉洋さんが主人公を好演。
原作では太っちょな探偵ですが
大泉さんは体をしぼっていてなんともセクシー。
こんど続編の映画も公開されるので期待しています。
続編の原作は何になるのかわからないのですが。

|

July 15, 2012

シャドウ

4488496016シャドウ (創元推理文庫)
道尾 秀介
東京創元社 2009-08-20

by G-Tools

様々な視点が絡み合って意外な結末へ。
最後まで完全に騙されました。
面白かったです。

| | Comments (0)

December 29, 2011

猟犬探偵。

4087824004猟犬探偵 1 セント・メリーのリボン (愛蔵版コミックス)
谷口 ジロー 稲見 一良
集英社 2011-12-20

by G-Tools

稲見一良さんの猟犬探偵シリーズの漫画化。
大好きな稲見作品の漫画化とあって
とても楽しみにしていました。
本作に忠実に描かれていて好感が持てました。
早く2巻が読みたいです。

| | Comments (0)

December 26, 2011

本が出ました。

4839940401浅草芸人 ~エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演芸150年史~ (マイナビ新書)
中山 涙
マイナビ 2011-12-23

by G-Tools

家人のノンフィクションが発売されました。
ゲラの段階で読みましたが面白かったです。
発売日に本屋さんに言って買おうと思ったら
入荷していませんでした(がっかり)。
amazonやbk1で買えるようです。
良かったら読んでみてください。

|

November 16, 2011

ダック・コール

4150304025ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)
稲見 一良
早川書房 1994-02

by G-Tools
石に鳥の絵を描く不思議な男に河原で出会った青年は、微睡むうち鳥と男たちについて六つの夢を見る──「まれに見る美しさを持った小説」と絶賛された第四回山本周五郎賞受賞作。

男臭いハードボイルドでピュアな美しさをもちあわせた
不思議な小説です。
つくづく夭折が残念でなりません。

| | Comments (0)

October 16, 2011

セント・メリーのリボン。

4334740316セント・メリーのリボン (光文社文庫)
稲見 一良
光文社 2006-03-14

by G-Tools

珠玉の作品群。
なかでも『セント・メリーのリボン』が群をぬいて面白い。

あとがき

 これは一昨年五月、山本周五郎賞を受賞した以後の作品集である。
’’男の贈りもの’’を共通する主題とした。
 誇り高き男の、含羞をこめた有形、無形の贈りもの──というテーマでは、
今後とも書きたいと思っている。

 一九九三年六月、稲見一良

 この後書きにもしびれます。
男の優しさと世間に媚びない行き方に羨望の眼差しを送りたいです。
とっても、カッコよかったです。

| | Comments (0)

October 13, 2011

猟犬探偵。

4334741258猟犬探偵 (光文社文庫)
稲見 一良
光文社 2006-09-07

by G-Tools

最近は遂にハードボイルドに手をつけようと思ってます。
とりあえず天才稲見一良先生から。
先ずは稲見一良さんの料理の描写が美味しそうすぎて悶絶。

俺は熱い紅茶、焦げ目をつけて焼いたトースト、目玉焼き、ハーフグレープフルーツという十年一日の如き朝食をたっぷり食って腹だけは満ち足りていた。

これに影響を受けて最近のうちの朝食はこれを真似ています
(形から入るタイプ)。
うちはハーフグレープフルーツにかえてポテトサラダですが(笑)。

稲見さんの作品はハードボイルドとファンタジーが入り交じった傑作。
もう何人もこの作品を超える小説がかけないでしょう。
病気のため作品数も少ない。
今月中に全作品を読みたいと思います。
贅沢すぎる……。

|

October 12, 2011

MASTERキートン 完全版

4091841635MASTERキートン 3 完全版 (ビッグコミックススペシャル)
浦沢 直樹 勝鹿 北星 長崎 尚志
小学館 2011-09-30

by G-Tools
ロイズの調査員(オプ)にして考古学者。 伝説の学術派ミステリー復活!!

買おうかどうしようか迷っているうちに
諸事情で店頭から姿を消してしまった『MASTERキートン』が再販。
やったー!
今度こそ買い集めます。
楽しみだ。

| | Comments (0)

January 29, 2011

最近読んだ本。卵をめぐる祖父の戦争。

お正月から読み出してようやく読み終わりました。
長かった。

4150018383卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)
デイヴィッド・ベニオフ 田口俊樹
早川書房 2010-08-06

by G-Tools
「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父のレフが戦時下に体験した冒険を取材していた。ときは一九四二年、十七歳の祖父はナチス包囲下のレニングラードに暮らしていた。軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された彼は、饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索に従事することに。だが、この飢餓の最中、一体どこに卵なんて?――戦争の愚かさと、逆境に抗ってたくましく生きる若者たちの友情と冒険を描く、歴史エンターテインメントの傑作

クライマックスに向けて描くのがおそい。
でも、クライマックスに入った瞬間は
物語の世界にどんどん引きこまれていきます。

卵をめぐる生死をわけた任務。
卵!?なんて下らないことを
大まじめにやらなければならない戦争の
ばかばかしさ。
ラストは意外な結末に。

| | Comments (0)

January 21, 2011

最近読んだ本『秋期限定栗きんとん事件』

『秋季限定栗きんとん事件』を読みました。

4488451055秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
米澤 穂信
東京創元社 2009-02

by G-Tools
 
4488451063秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
米澤 穂信
東京創元社 2009-03-05

by G-Tools

ふたりの関係、心理戦には脱帽です。
全体の中では『夏季限定トロピカル事件』の方が
個人的に好みです。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧